Linux Mint 17.3 Rosaリリース

12月5日(土)にLinux Mint 17.3 Rosaがリリースされました。既にCinnamon版とMATE版が日本語公式サイトよりダウンロード可能になっています。

これはLong Term Supportに位置付けられており、2019年までサポートされます。

では、以下、今回の新機能を非常に簡単にまとめてみましたので、ご興味のある方はぜひ。

■ソフトウエア・リソース

世界中のリポジトリが登録されたようです。これによってより近いサーバーからデータをダウンロードすることが可能になり、信頼性も向上したとのことです。

■アップデートマネージャー

アップデートマネージャーがリポジトリをチェックするようになりました。更新が行われていない場合、ソフトウエア・リソースを変更するように警告が表示されます。

また、破損したデータからも守ってくれるようになりました。

 

■Cinnamon 2.8&MATE 1.12

Cinnamonが2.8になりました。今回の新機能のうち目立つ機能としては、

  • オーディオプレーヤーのUI更新
  • アプリケーションのプレビュー機能
  • ワークスペース切り替えボタンがメニューバーに表示される

があります。

こんな感じでメニューからアプリケーションのプレビューができるので、何が中で開かれているかがすぐに分かるようになりました。

Cinnamon 2.8の新機能については、以下の動画にて詳しく紹介されています。

また、MATEも1.12にバージョンアップされています。複数本の指で操作した時に、タッチパッドでマウスホイールと同じ動作ができるようになっているとのことです。

MATE 1.12の詳細については以下に記載があります。

感想としてはWindows 7の挙動により一歩近づいた感じでしょうか。特にCinnamonはウィンドウのプレビュー機能など、Windows 7を非常に意識して開発がされたことが伺えます。

WindowsやMacからすればUbuntuさえも知名度は非常に低いですが、Linux Mintもより一層使いやすくなっていますね。Windows 7に慣れていてWindows 10がいまいちしっくり来ない方にとって、Linux Mint 17.3は一考に値する乗り換え先かもしれません。