発達障害だけど適職診断をやってみた

発達障害系サラリーマン(休職中)の熊吾郎(@Kuma56_t)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先生からも言われちゃった

先日、主治医と話していたら転職も視野に入れて今後を考えてみれば?とコメントされました。まぁ、確かにあまり組織の中で周囲の人とうまくやれないんですよね〜 アスペルガー症候群も軽くあるみたいなので仕方ない。

そうそう。カウンセラーも揃って「適性に合ったマイペースで進められる仕事を将来的に一緒に考えましょう」なんて言うもんですから、気になり始めちゃいました。

適職診断をやってみる

そんなわけで適職診断をいくつかやってみました。

こちらは高校生などを対象にした若い世代をターゲットにした適職診断。けっこうざっくりとした質問も多いですが、その分、広い視点で診断してくれそうです。

結果はデザイナー・アート系。

なるほど。デザイナー関係ですか… デザインなんて今まで一度もやったことが無いですね。

続いては性格診断セブン。精度重視型というやつでトライ。

結果はENFP型ということで適職一例でトップに表示されるのは「クリエイティブ/芸術」。似てる結果が出てきましたねぇ。

この他にもいくつか適職診断を受けてみました。

どれにも数多く出てきたのは「芸術家タイプ」。簡単に彫刻家とか勧められても当方すでに30歳。どうする!?


「合う・合わない」で仕事は決めなさい ~一生続けられる職種の選び方
長谷 真吾
技術評論社
売り上げランキング: 197,775
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Share me

Follow me