【結論】格安SIM選びはIIJ+Zenfoneで!

スマートフォン

総務省とかが何だか意見をして、携帯端末の購入サポートがなくなってしまいましたね。

まぁ、仕方ない。でも、先日、d○c○m○ショップに行く機会があったのですが、本体価格を見てびっくりしました。

Xperiaなどの人気ブランドで一括購入はどれも10万円前後。月賦払にしても自己負担額はトータルで5万円前後。

一応、その分、基本料金とかが安くなっているとのロジックですが、これじゃ値上げと変わらないんじゃない?

じゃ、格安SIMに乗り換えたいなぁ。なんて思う人がいるようなので、結論だけ書いちゃいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

通信会社

IIJ。とりあえず、ここを選んでおけば安心ですね。

大手家電量販店のみならず、イオンなどでもSIMカードを取り扱っているのが非常にうれしいところ。

また、技術力にも定評があり、iPhone用プロファイルの頒布なんて非常に素早いものです。

機種

中古のdocomo用の機種であれば多くの格安SIMは通信できます。auは無理(電波が違う)。softbankはSIMロック解除が必要です。

新しく購入するとしたら、これはいかがでしょうか?

2万円台で購入できて、なおかつそこそこの性能。カメラも1300万画素を搭載。

あ、iPhoneやXperiaのようなハイエンドクラスをお考えの場合は、もう少し予算を上積みして検討してみてくださいね。

5〜6万円も出せばハイエンド端末が手に入りますし、Apple直販からiPhoneをSIMフリーで購入することもできます。

機種については大型家電量販店に行けば、SIMフリーのスマートフォンを扱うコーナーも出てきています。そこで実際に手にとって比較してみるが一番だと思います。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする