退職しようと心に決めた

うつ病で絶賛休職中の熊吾郎(@Kuma56_t) だよ。

ずっと、ずーっと悩んでいた復職 or 退職の悩みにひと段落ついたので、ちょっとまとめておこうかと思う。

僕の中で10ヶ月以上も続いていた論争である「復職 or 退職」問題。

結論から言えば、復職はしない方向。つまり、会社を辞めようということ。

今は復職を前提とした休職サポートを会社から受けているし、仕事に穴を空けてしまった罪悪感もあって戻るのが筋だと思っていた。

でも、「他人に迷惑をかけたから戻る」以外の復職に対するモチベーションが見当たらないことに気付いたんだ。

軽度のアスペルガー症候群がある僕にとって、組織の中でコミュニケーションを取りながら大きな目標に向かっていくことは予想以上に高いハードルだった。

ましてやトップダウン方式の社風が強い今の会社では「上司の言いたいことを察する」能力が非常に求められている。

それができなくて何度も涙を飲んだ。

モチベーションが上がらない理由はほかにも思い当たる。

思い返せば、毎日、訳も分からないエクセルファイルを作成して、世の中に役立っているのかも分からない作業を延々と続けていた。それが嫌だった。

簡単に言えば、会社と仕事が好きになれなかった。やりがいも感じられなかった。

だったら、この機会に辞めてやろう、と思ったわけ。

もちろん、不安もある。主に収入の面。

転職した暁に今までと同じ収入が得られる保障なんてどこにもない。

むしろ、下がる確率は大きいだろう。ワーキングプアに陥る可能性だってある。

それでも、会社を辞めて新しい道を切り拓こうと思えたのはお嫁様の一声が大きかった。

「あなたが好きなことをして生きていけばいいじゃん」

そう言ってくれたんだ。

うつ病が寛解してもすぐにフルタイムでバキバキに働けるとは思ってはいない。

だけど、その頃には何か新しいことを始めようと決心したんだ。

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Share me

Follow me

スポンサーリンク
スポンサーリンク