iPhone SE 発表…ちょっと不満に思うこと

iPhone SE

iPhone SE

3月21日(現地時間)に行われたAppleの製品発表会でiPhone SEが発表されたね。

どちらも事前リーク通りのスペックになったわけだし、iPhone SEなんて4インチサイズのスマートフォンを待ち望んでいた人からすれば、「買い」の一台だと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペックは6S同等

デザインは一見すれば5Sと変わりないけど、中身は15年秋発売のiPhone6S同等に進化。

CPUはApple A9&M9搭載で「Hey, Siri」と呼びかければいつでも応えてくれるようになった。

カメラも5Sは8メガピクセルだったのに対して、12メガピクセルにまで引き上げられた。

VoLTEにも対応したし、バッテリーの持続時間も大幅に伸びた。

でも、新商品なのか?と言われれば疑問符が付く。

あくまで進化版

今回、iPhone SEが登場したことによってiPhone 5Sはラインナップから消えたんだ。

前々から古いモデルを残して廉価版として販売するのがiPhoneの戦略なので、それが5SからSEになった。

つまり、リプレースされたということ。

なんで、新しい商品が加わったというよりも、部品を共通化させてラインナップを整理した、というメーカー側の意向が透けて見えるのかも。

日本価格は高め

アメリカでの販売価格は399ドルと低価格をひとつのPRポイントにしてきたiPhone SE。

今のレートで換算すれば45,000円くらいのはずなんだけど、国内での販売価格は52,000円から。

えーと、132円/ドルくらい?

ちょっとひどくない?

まぁ、それでも6Sの86,000円からすれば安く感じるから買う人は多いと思う。

予約開始時期

予約は3月24日から、販売は3月31日から。

初期ロットには不具合がつきものなので、ちょっと時間をおいてから手にするのが個人的には良いと思うんだ。

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Share me

Follow me