内向的ポジティブ思考で生きていこうぜ!

うつ病で休職してるけど社会復帰に向けてメンタル改造中の熊吾郎(@Kuma56_t)だよ。

今日は内向的ポジティブ思考の有効性を考えてみようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内向的ポジティブ思考とは?

いや、これは勝手に僕がネーミングしたんだけどね、自助努力を基本としたポジティブ思考を言うんだ。

例えば、同僚からある本を勧められたとする。『読めないなぁ』と思ったとき、どっちに転ぶだろうか?

  1. 時間がないから諦める
  2. スキマ時間を探してみる

このとき、1番を選んだとしたら読めない理由を外的要因に求めたわけだ。

逆に2番を選んだ場合は、読める理由を内的要因に求めたと言える。

この2択のうち、どちらがポジティブ思考か分かるね?

内向的ポジティブ思考の良いこと

自分自身、つまり内的要因に次のアクションに繋がるキッカケを探すのは、何故良いのだろうか?

それは手っ取り早く行動を起こせるからだ。

時間は誰にでも平等に与えられて残酷にも勝手に流れてゆく。

立ち止まっている時間が長くなればなるほど、目の前の機会は遠のいてしまうんだ。

また、外的要因に責任転嫁すると、そこで思考停止に陥ってしまう

勝手に自分で限界を見つけてきて、そこで満足してしまっていいのだろうか?

ポジティブであり続けること

つまり、何か困難に直面したときに外的要因に「できない理由」を探すのではなく、「できる理由」を自分自身に求めていくのが内向的ポジティブ思考なんだ。

で、ここでポジティブであり続けることが一番重要になってくる。

だって、ネガティブ要素を外部に求めることは非常に容易いからだ。「だって~なんだもん」以上、終わり。

確かに、誰しも不安を感じたり悲観的になることってあると思う。

でも、そんなときにこそポジティブな心意気を忘れずに自分ができることを探していきたいね。

そして、ポジティブであり続けるためには「自分はラッキーだ!」と信じる心が大切だと思う。

ほんの小さな思考の癖で、人生をハッピーに感じられるようにしたいね。

こんな本を読んだよ

たった3つのクセを直せば人生がうまくいく (中経の文庫)
本田 直之
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 44,008

図解!ポジティブ思考になる「心と脳の習慣術」
松本 徳千
秀和システム
売り上げランキング: 266,174
関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする