SRWare Iron ブラウザを使ってみた!

スクリーンショット 2016-05-07 19.54.58

ここ最近、熊吾郎(@Kuma56_t) のブログに「Iron」というブラウザからのアクセスがあったので調べてみました。

そしたら、このブラウザに出会ったので、ちょっとトライ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SRWare Ironとは

そもそも、SRWare Ironとは何か?

ChromiumをベースにSRWareによって開発されたドイツ生まれのブラウザです。

つまり、先日、ブラウザシェアで第一位をIEから奪取したGoogle Chromeの腹違いの兄弟といったところです。

特徴としては、Google Chromeから余計な機能を削ぎ落としたところ。

どんな機能がカットされているかというと、

  • インストールしたChromeに、固有の番号を割り当てる機能
  • アドレス欄に入力した文字を送信する機能
  • 誤ったアドレスを入力したとき、Googleのサーバーからエラーメッセージを取得する機能
  • エラーレポートをGoogleに送信する機能
  • ダウンロード時、ユーザーの情報を送信する機能
  • 自動アップデート機能(GoogleUpdate.exe)
  • URLトラッカー機能(詳細不明)

だそう。

その分、軽量化がなされているとのこと。

起動してみた

ダウンロードはこちらから。

Windows版
Mac版
Linux版

起動してみると、少し賑やかなスタートページが表示されました。

スクリーンショット 2016-05-07 18.42.43

タブまわりのデザインはGoogle Chromeと殆ど一緒ですね。

もちろん、Chromiumをベースにしているのでメニューや設定画面も完全に日本語に対応しています。

スクリーンショット 2016-05-07 18.54.34

また、Google Chromeの特徴の一つに拡張機能(アドオン)がありますが、それもそのまんま使えるのが嬉しいですね。

スクリーンショット 2016-05-07 19.06.55

どんな人におすすめか?

やっぱりGoogle Chromeの快速ブラウジングは欲しいけど、個人情報の扱いが気になる人にはオススメだと思います。

特に企業などブラウザから送信される情報に一層の注意を払っている状況では、威力を発揮しそうなブラウザです。

でも、やはり知名度が低いせいか、Outlook.comなど一部のサービスで最新のブラウザに更新するように促されることがあります。

そのときは、どうやらGoogle Chromeに偽装する手段もあるみたいなので、下記リンク先を参考にしてください。

SRWare Iron|ニコニコ大百科(仮)

ちなみに、公式サイトはこちら。

SRWare Iron: The Browser of the future


関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする