ズートピアを観てきた。ダイバーシティーは難しい…

zootopia

ディズニーの映画「ズートピア」を観てきました。

詳しいストーリーやネタバレなどは他に書いているサイトがたくさんありますので、そちらに任せます。

ただ、何が素晴らしいかといえば、ダイバーシティー(多様性)の描き方だと思うんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ズートピアは現代社会の写し鏡

作品の舞台である肉食動物も草食動物も一緒に仲良く暮らす大都会「ズートピア」。

そこでは野生的で本能的な食物連鎖に捉われず、種族の違いを乗り越えて様々な動物が共存しています。

でも、それは見かけだけで根深い差別は残っているのが現状。

主人公のウサギは小柄なので警官になれやしないと思われて、キツネは「狡猾でズルい連中」とのレッテル貼りをされて、草食動物たちの根底には肉食動物への不信感があるわけです。

これって私たちの世界でも同じですよね。

よくよく考えれば誰一人として同じ人間なんていないんです。個人が集まって社会を形成するだけで「多様性」は生まれるんです。

けれども、実際問題、ダイバーシティーな世の中は難しい。

誰しも同じ人間ではないから、どこかでお互いに不信感を募らせているし、先入観や偏見という色眼鏡を通して他人をジャッジしてる。

例えば
『あの人は◯◯出身だから〜〜な人だろう』
『あの人、昔は××だったらしいよ』
みたいにね。

そんな色眼鏡をかけっぱなしでは差別も無くなりやしないんだろうなぁ、なんて思いを募らせます。

作品中盤では、主人公のジュディも正義感から発した言葉で更なる差別と偏見を助長してしまいます。彼女も無意識に肉食動物への色眼鏡をかけていたわけなんですね。

過去の過ちを認めるということ

この作品の中で一番心に残ったのは謝罪の場面。

許しを請うのではなく「許してくれとは思わない。過去の自分は間違っていた」と謝るんです。

私にはこの謝り方がすごい新鮮に見えましたし、人によっては『なぜ相手はこれで許すのだろうか?』と思うかもしれません。

でも、心に残った傷は相手を許すことで癒えるものではありません。結局は自分が相手と今後どのような関係を築いていくかというポイントにあると思うんです。

大人に観に行ってほしい作品

つまり、何が言いたいのかというと、この「ズートピア」という作品は子供向けのアニメ映画のふりをして、無意識に身につけた狭小な心で多様性を受け入れられない大人たちにバチッと訴えかける一本だということです。

今回のディズニーはなかなかチャレンジしましたね。こんなに真正面からダイバーシティーの難しさと、それが生み出す差別問題を扱うなんて。

こんなアニメは日本じゃ作れなかっただろうな。多様性の象徴的国家であるアメリカだからこそ作れたんだろうなぁ。

ちなみに、この「ズートピア」の公開は7月15日まで。まだ未鑑賞の方はお早めに。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする