休職しながら退職する方法

waterfall-828948_1280

休職しながら会社を辞めるって意外とハードルが高いものです。

だって、休職するだけでも職場に迷惑をかけていると負い目を感じるのに、辞めてしまおうなんて…

それでも休職し続けるのは自分のためにならないと思い、勇気を出して退職してきました。

その一部始終をご紹介します。以下はあくまで私個人の体験ですので、そこのところはよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電話で退職の意思を伝える

日々、出勤しているのであれば上司に直接辞意を伝えることができますが、会社を休んでいる状態では出来ません。

仕方がないので電話で直属上司に会社を辞めたい旨を申し出ました。

数か月ぶりに電話をかけたら「会社を辞めようと思います」ですから、相当驚かれました。

メールを送ることも考えたのですが、本来ならば直接伝えるべきところなので電話にしました。

面談を行う

とりあえず会って話がしたいと言うので、上司が自宅に来て面談を行うことになりました。

これは休職者を会社に引きずり出すのも可哀そう、という配慮をしてもらった結果だと捉えています。

もちろん、面談の内容は引き止め。

「もっと休んでても良いから復帰して欲しい」との話をいただきましたが、そこは丁重にお断りしました。

こんな面談を2度行いました。さすがに2回目になると上司も私の意思が固いことを理解してくれて、具体的な手続きが始まることになりました。

退職の事務手続き

半年ぶりの出社は退職関連書類を受け取り、具体的な説明を受けるためでした。

小一時間の滞在となりましたが、オフィスビルが視界に入ってくると胸が苦しくなる感覚を覚えました。

やっぱり自分が戻って働けるような状態から程遠いことを改めて認識させられました。

総務部の担当者と上司を相手に3者面談形式で退職に関する事務手続きの説明を受けます。

ここから淡々と処理が進んでいくだけ。

書類を受け取り、必要事項を自宅で書き込んで、一通りそろえて会社に持っていく。

久しぶりに「仕事」をした気分になりました。

退職願の提出

事前にインターネットで退職願の書き方を調べていましたが、私の会社にはフォーマットが用意されていました。

退職願の記入事項で身元保証人が必要なことに驚きましたが、親にお願いをしてサインと捺印をもらいました。

受け取りから一週間後、完成させた退職願とその他の必要書類一式を持って提出するのが最後の出社となりました。

総務部へ行くと直属上司のほかに部長まで見送りに来てくれていて、ちょっとウルッとなってしまいました。

提出書類のチェックはサクサクと進み、社員証にハサミが入れられると退職するという実感が急に湧いてきたものです。

私物の整理が気がかりだったのですが、休職中の人がオフィス内に急に現れるのも変な感じになるからか、勝手に整理して郵送してくれることになりました。

日ごろからデスクを綺麗にしておいて良かったです(笑)

休職中の退職に必要なこと

まず、体力。そして気力。

この2つが退職の手続きで必要でした。とてもじゃないですが、どん底の状態で手続きは進められません。

記載ミスが許されない書類が多いですし、会社の人と話す機会も多いです。その間、ずっと心身は休めません。

そもそも、うつ病で気持ちが強く落ち込んでいるときに退職などの大きな決断をすべきではありません。

ちゃんと回復してきたことを実感して、次のステップに踏み出せるようになってから行動に移した方が良いと思います。

退職してみて

このような経緯を経て先月末付で退職しました。

気分はもっと晴れやかになるかと思っていたら、そうでもありません。

もし昨年の春にうつ病にならなかったら、今頃はどんなビジネスマンになっていたのだろうか?なんて考えています。

一方、やりたいことをやろう!と人生の風向きを変えるビッグチャンスを手にしたとも思っています。

これまで社会人になってから8年間ずっと会社のために汗を流してきました。

なので、今からは自分自身のために時間を使っていくつもりです。


会社を辞めるときの手続き マル得 ガイド
土屋 信彦
アニモ出版
売り上げランキング: 24,095
関連コンテンツ

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする