WordPress導入後にインストールしたプラグイン6選

WordPressの導入に四苦八苦した熊吾郎(@Kuma56_t)です。

WordPressの特徴は「プラグイン」と呼ばれる拡張機能を自分で追加して、編集機能をカスタマイズ&強化できる点です。この機能が使えるだけで、他のサービスに移れなくなるかも…

今、何とか様々な設定が終わって順調に運用ができるようになってきましたので、インストールして役に立っているプラグインを集めてみました。

■Movable Type and TypePad Importer


過去の記事を別の場所からインポートするためには、どうしても必要なツールだと思います。

次のbrBrbrを先にインストールしないと改行が全て詰まってしまうので要注意です。

■brBrbr


WordPressでは改行を繰り返している部分を全てつめてしまいます。これについては私は「知らなかった」ので、このブログも古い記事は改行が全て詰まっています。

それを解消するプラグインですが、こちらは上記サイトから.zipファイルをダウンロードしてからインストールする必要があります。

■WP Social Bookmarking Light


WordPressを開始してもデフォルトの状態ではSNSへのシェアボタンが表示されていません。別になくても困りませんが、どこか殺風景にも感じられます。

WP Social Bookmarking Lightはそんなシェアボタンを自動的に全記事に追加するプラグインです。

詳しい設定方法はこちらのサイトが詳しく書いています。

■Google Analytics by Yoast


Google Analyticsを設定するためのプラグインです。アカウントをリンクさせるだけで、Analyticsとブログを連携させてくれます。

■Quick Adsense


アドセンスを自動挿入するプラグインはGoogle純正のものが出ています。しかし、パラグラフの判定がイマイチよく分からず、一定の場所に挿入されない状況が発生しました。

その点、Quick Adsenseは記事上、記事中、記事下と安定して広告を挿入してくれます。設定画面も英語で記述されていますが、難しいことはありません。以下の記事を参考にできます。

しかし、このプラグインは2年以上更新がされていないようです。そのため、今後、WordPressのバージョンが上がると使えなくなる可能性があります。とても便利なので長く使えたらと思います。

■Yoast SEO


SEO対策に限らずSNSでのシェアツールまで広くカバーできるプラグインです。

サイトマップの自動生成からサーチエンジン、Twitter Cardsまでブログを多くの人に読んでもらうために必要な設定を行ってくれます。

基本的にはインストール後にあまり設定を行わなくても何でも自動的にやってくれるので、非常に楽です。

詳しい機能は以下のサイトで紹介されています。

以上、6つのプラグインをご紹介しました。

こうした拡張機能を用いて、自分が一番使いやすい環境を構築できるのがWordPressの強みですね!